1月の房総・九十九里周辺観光スポット

ホテル周辺、房総半島の1月のおすすめ観光スポットをご紹介しています。

スポット1:成田山新勝寺(成田市)

正月に訪れたいのは、なんと言っても成田山新勝寺。成田のお不動様として親しまれる関東三大不動の一つで、ご利益が多いとされる人気の初詣でスポットだ。3が日だけで毎年300万人が訪れる。平将門の乱平定のため、940年に開山された真言宗智山派の大本山だ。隣接する成田山公園は四季折々の花々が見事。

大本山成田山(外部サイトへ移動します)

スポット2:成田ゆめ牧場(成田市)

日本一オイシイ乳製品づくりを目指す観光牧場。芋掘りや乳搾りなど農業体験も充実している。
食料の自家製品作り、釣り堀、遊園、小動物コーナー、オートキャンプ場などもあって、家族で1日を満喫できる農場だ。

成田ゆめ牧場(外部サイトへ移動します)

スポット3:香取神宮(香取市)

下総国一の宮。
明治以前に「神宮」の称号を与えられていたのは伊勢、鹿島と香取のみというわが国屈指の名社だ。

香取神宮(外部サイトへ移動します)

スポット4:滑河観音(竜正院)

838年慈覚大師の開基と伝わる古刹(こさつ)で坂東28番札所。本尊は十一面観世音で延命、安産・子育ての守り本尊として有名。

天台宗 滑河山 龍正院(外部サイトへ移動します)

スポット5:高倉観音(高蔵寺)

鎌倉時代からの古刹(こさつ)で坂東30番札所。厄除(よ)け・商売繁盛・家内安全・縁結び・子授けの観音様として知られている。

平野山 高蔵寺(外部サイトへ移動します)

スポット6:笠森観音(長南町)

784年、最澄の開基と伝えられる。
巨岩の上に立つ観音堂は日本で唯一の四方懸造という特殊な建築様式で有名。板東第31番札所。

笠森観音(外部サイトへ移動します)

スポット7:誕生寺

日蓮聖人の生誕地(生家跡)に直弟子の日家上人が建治2年(1276年)に堂宇を建立したのが始まりとされる。

大本山 小湊 誕生寺(外部サイトへ移動します)

スポット8:清澄寺

奈良時代(771年)に開山した古刹(こさつ)で日蓮聖人出家・立教開宗の霊場でもある。山の上にあり初日の出の穴場としても有名。

大本山 清澄寺(外部サイトへ移動します)

スポット9:酒々井プレミアム・アウトレット

国内外の人気ブランドから飲食店まで約180のショップがそろう。東関道酒々井ICと直結していて便利だ。人気ポップコーン専門店「ギャレットポップコーンショップス」や地元「成田ゆめ牧場」のソフトクリームもたのしめる。元旦(がんたん)から初売り・福袋販売をしているので成田山で初もうでをした後に立ち寄りたい。また、成田空港から近いので、空港を利用する前後に立ち寄ることもできる。

酒々井プレミアム・アウトレット(外部サイトへ移動します)

スポット10・11:いちご狩り(10. 山武市成東 11.茂原市本納)

成東や本納は県下有数のいちごの産地だ。いちご狩りでは、摘(つ)みたてての甘くておいしいいちごがたっぷり味わえる。1月中旬から5月上旬(しゅん)。

山武市成東観光苺組合(外部サイトへ移動します)

茂原市本納いちご生産組合(外部サイトへ移動します)

スポット12:ファミリーファーム保田

1月〜5月くらいにかけて花摘みやいちご狩りが楽しめる。花は金魚草やポピー、ナデシコなどで、ハウスと露地花があり、摘んだ分だけ支払う仕組み。いちご狩りは、時間制限なしで、ゆっくりと心ゆくまでいちごを味わうことができる。品種は「章姫」、「紅ほっぺ」など。500円追加すれば持ち帰り用の1パックがつく。地元農家の生花や野菜、房総のおみやげも販売。

千葉県公式観光物産サイト まるごとe!ちば(外部サイトへ移動します)

Google Map(外部サイトへ移動します)

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-466-411

受付時間 9:00~18:00

ページトップに戻る