ホテル周辺

スポット1:花の小径(こみち)

ホテルの目の前に広がる松林には、四季折々の花や草木を愛(め)でながら散策できる散歩道があります。また、松林に沿ってサイクリング道を約1.5kmすすめば一宮海水浴場があり、ここちよい海風を感じられます。
詳しくは施設案内をご覧ください。

施設案内 その他施設(外部サイトへ移動します)

スポット2:九十九里浜一宮乗馬センター

ホテルより徒歩5分ほどの場所にあり、初心者でも乗馬できるコースが用意されています。 上級者であれば、九十九里浜の海岸で快い乗馬を楽しむことができます。

スポット3:玉前神社

子授け・子宝・縁結びで有名な玉前神社は、玉依姫命を祭神とする神社です。
社殿および古記録は戦火により消失しており、詳しい記録は残っていませんが、延喜(えんぎ)式や三大実録にも記録されている古社であります。
上総の国一宮として、古くから日本の中でも重きをおく神社として認知されており、明治4年には国幣中社に列していたそうです。

上総国一之宮 玉前神社(外部サイトへ移動します)

スポット4:釣ヶ崎海岸

ここ釣ヶ崎海岸は神話の地として有名でたくさんの伝説があります。
有名な山幸彦・海幸彦の物語では豊玉姫(トヨタマヒメ)が妹の玉依姫(タマヨリヒメ)を連れて愛する(火遠理命(ホオリのミコト)を追い上陸された浜といわれています。 またこの浜にはむかし美しく光る十二の玉が打ち寄せられ、それぞれの玉を大切に祀(まつ)るために神社を建てたのが上総十二社のはじまりといわれています。
秋の9月13日には釣ヶ崎海岸にそれぞれ神輿(みこし)があつまり年に一度の再会をよろこぶ祭り(上総はだか祭り)が催されます。

2020年東京オリンピックのサーフィン競技が、一宮町の釣ヶ崎海岸で行われることになりました。 国内でもトップクラスのサーファーが集まるサーフィンのメッカとしても有名で、国内はもとより世界大会も開催される優良な競技地となっています。古(いにしえ) の物語と美しい九十九里の海岸は訪れる人々を楽しませてくれます。

スポット5:太東海水浴場

ホテルよりご案内している海水浴場です。夏場には海の家も出店し多くの人でにぎわいます。駐車場も完備していますので、お車で行かれることもできます。
また夏季期間中は、ホテルバスによる無料送迎もおこなっています。

スポット6:陶芸工房MORI

旅行の記念に思い出の品を作りたいという方に、1日体験陶芸教室はいかがでしょう。とても親切に教えてくれるので初心者の方も安心してお申し込みいただけます。

*電話予約制となります。

*作品の焼き上がりには1ヶ月半かかります。

陶芸工房MORI (外部サイトへ移動します)

Google Map(外部サイトへ移動します)

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-466-411

受付時間 9:00~18:00

ページトップに戻る