9月の房総・九十九里周辺観光スポット

ホテル周辺、房総半島の9月のおすすめ観光スポットをご紹介しています。

スポット1:上総十二社(はだか)祭り

一宮町東浪見の釣ヶ崎海岸を2,500人の男たちがはだかで走る勇壮な祭り。房総半島最古の伝統と格式を誇る浜降り神事で、約1,200年前に始まったと伝えられる。9月10日に鵜羽神社祭礼、12日の宵闇(よいやみ)祭を経て、13日が本祭となる。

一宮町観光協会(外部サイトへ移動します)

スポット2:笠森観音・ハイキングコース(長柄町)

784年、最澄の開基と伝えられる古刹(こさつ)で、大きな岩の上に四面を舞台造りにした日本でも珍しい四方懸造という建て方をした観音堂が有名。周囲の自然林は国の天然記念物で、森、高原、湖、牧場とさまざまな景色が楽しめる5 kmのハイキングコースがある。

笠森観音(外部サイトへ移動します)

スポット3:大多喜お城まつり

徳川四天王の一人本多忠勝一行に扮(ふん)した武者行列やみこしの渡御(とぎょ)が城下町を練り歩き、秋の大多喜に戦国絵巻が繰り広げられる。メイン会場(大多喜小学校)では、ダンスの発表や和太鼓実演などさまざまなイベントが盛りだくさん。サブ会場(大多喜城)および商い資料館では、琴の演奏やお茶会も開かれる。2017年は9月30日の夜には光アート展などの前夜祭が行われ、10月1日に本祭となります。

大多喜町観光協会(外部サイトへ移動します)

スポット4:おんじゅく伊勢(いせ)えび祭り(御宿町)

9月1日〜10月31日の期間中、町内の協賛店でオリジナル伊勢えびメニューが堪能できる。土日祝日は月の沙漠記念館前広場で伊勢えびの直売が行われる。9月10日と10月1日のビッグイベントには伊勢えび汁無料配布や伊勢えびのつかみどり、青空市などが開催され、多くの観光客でにぎわう。

御宿町観光協会(外部サイトへ移動します)

スポット5:大原はだか祭り

大原の街が盛り上がる伝統の秋まつり。例年、9/23・24予定。十数基の神輿(みこし)が海でもみあう“汐(しお)ふみ”が祭りのハイライトで、勇ましく雄々しいみこしが海の中を駆け巡り、投げ入れられる様は圧巻だ。夕刻には花火を合図に、神輿を高く上げて別れを惜しむ“大別れ式”が行われる。

いすみ市観光(外部サイトへ移動します)

スポット6:梨(なし)狩り

温暖で緑と太陽がいっぱいの一宮町では、各種の農産物、フルーツ、野菜などが太陽の光を浴びておいしく実る。一宮町綱田地区にある旭原農園では、10月上旬くらいまで、あまくてさっぱりした梨の狩り取り体験ができる。

千葉県公式観光物産サイト/まるごとe!ちば(外部サイトへ移動します)

スポット7:酒々井プレミアム・アウトレット(酒々井町)

2013年にオープンし、2015年4月に店舗を大幅に増設してパワーアップオープンした大型アウトレット。1930年代の「アメリカン・アール・デコ」の街並みを再現した非日常的空間に、人気セレクトショップを始め国内外のファッションブランド約180店舗が出店している。

酒々井プレミアム・アウトレットジ(外部サイトへ移動します)

スポット8:イルカウォッチング(銚子海洋研究所)

銚子海洋研究所では、ウオッチング船「フリッパー」号でイルカウォッチングを行っている。銚子沖ではほぼ1年を通じて野生のイルカ・クジラ類を見ることができ、時には5,000頭ものイルカの群れに出会える。7〜10月は沿岸イルカウォッチング(1時間半/大人3,500円)、11〜12月は沖合クジラウォッチング(4時間/大人7,000円)を実施。

銚子海洋研究所(外部サイトへ移動します)

Google Map(外部サイトへ移動します)

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-466-411

受付時間 9:00~18:00

ページトップに戻る