茂原・睦沢方面

スポット1:レイクウッズガーデン ひめはるの里

バラ文化を体験できるローリスガーデン、花の観賞と購入ができるレインボーガーデン、芝生と四季の花のコントラストが美しいセントラルパーク、古代の蓮(はす)の実から発芽させた蓮が咲くウォーターガーデンなど、四季折々の美しい花を観賞できます。 また、ドッグランやバンガロー、コテージが併設されていますので、ご家族と愛犬が一緒に楽しめるスポットとなっています。

レイクウッズガーデン ひめはるの里(外部サイトへ移動します)

スポット2:茂原公園

「日本桜の名所100選」にも選ばれた場所で朱色の弁天堂と桜のコントラストは絶景です。桜の後のつつじも見所のひとつです。

スポット3:服部農園あじさい屋敷

服部農園あじさい屋敷では300品種、10,000株以上のあじさいの花が、広大な敷地に咲いています。山の斜面一帯に咲くあじさいの花、園内のどの地点からもあじさいを一望できるのも特長のひとつです。

*開花時のみオープン

服部農園あじさい屋敷(外部サイトへ移動します)

スポット4:茂原牡丹園

国の登録有形文化財にも指定された母屋、長屋門を背景に、牡丹(ぼたん)の咲き乱れる庭園。5,000平方メートルの敷地に牡丹250種、2,500株を養成し、訪れる者を魅了します。また、同じ季節に開花するハンカチの木や芍薬(しゃくやく)も見事です。見ごろは4月下旬から5月上旬(しゅん)。

*開花時のみオープン

茂原牡丹園(外部サイトへ移動します)

スポット5:笠森観音

笠森観音は、正式名称を「天台宗・別格大本山笠森寺」と称し延暦(えんりゃく)3年(8784年)、最澄の開基と伝えられています。 その建築様式は日本唯一の「四方懸造」(しほうかけづくり)として「国指定重要文化財」となっています。 また笠森寺は「坂東三十三番観音札所」の三十一番札所として古来より巡礼の霊場となっている。

笠森観音(外部サイトへ移動します)

Google Map(外部サイトへ移動します)

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-466-411

受付時間 9:00~18:00

ページトップに戻る