重要文化財「大日如来坐像」のご開帳(2月5日)

千葉県睦沢町にある妙楽寺では国の重要文化財に指定さている「大日如来坐像(ざぞう)」が1年に1度のご開帳となります。
妙楽寺は天台宗の古刹(こさつ)で849年に慈覚大師(じかくだいし)により創建されたと伝えられています。本尊の木造大日如来坐像は平安末期(1190年)の作でカヤ材の一本造りで座高が2.8メートルあり東日本屈指の大きさを誇る木造の仏像です。

ホテルから妙楽寺まで車で約30分です。圏央道市原鶴舞インターを利用される方は少し寄り道をして拝観されてはいかがでしょうか。

大日如来坐像

開帳日
2017年2月5日(日) 
時間
9:00~(予定)
住所
千葉県長生郡睦沢町妙楽寺500
天台宗 妙楽寺
お問い合わせ
0475-43-0150/妙楽寺
その他
護摩祈祷(ごまきとう) の時間については直接お問い合わせ下さい。

天台宗 妙楽寺(外部サイトへ移動します)
Google Mapで地図を見る(外部サイトへ移動します)

2017年1月23日

メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-466-411

受付時間 9:00~18:00

ページトップに戻る